読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこグリズリーの料理ブログ

超絶安い!超絶簡単!多分旨い!めんどくさがりな一人暮らしに最適なレシピを紹介

AllAbout編集部様に「見た目も豪華!節約レシピの人気ブログ6選」という記事で取り上げて頂きました。

先日このブログがAllAbout編集部様に取り上げられました。

あなたの明日が動き出す All About

ALLAboutは"30代後半から40代の情報収集欲求が強く、知的好奇心旺盛なユーザをコアターゲットに、住宅・マネー・暮らし・グルメ・旅行・健康など多彩な分野で、その道のプロである専門家(ガイド)が、情報提供やナビゲートを行う総合情報サイトです。"
だそうです。なんとプロの専門家の方に認めて頂いたことになります。
やりました!うっひょう!!

取り上げて下さって本当にありがとうございます!
記事はこちら↓allabout.co.jp
筆者以外の方々のブログはどれもすごいクオリティで、正直なところ場違い感が凄くて筆者は借りてきた猫のような気まずさを感じるほどです。

他のブログの作者の紹介の仕方は「カリスマブロガー!トップブロガー!」的な感じで紹介されていますが、筆者のブログだけ「安い!簡単!」みたいなノリで紹介して頂いています。
しかしここで上げられても自分自身のことを生まれたばかりのハムスターの如し(ハムスターに失礼ですね…)人間だと思っているので逆にありがたかったです。

筆者にカリスマ性がないことをちゃんと見抜いているあたりさっすがAllAbout編集部様だと思います!

これだけで記事を終えてしまうともったいないので、せっかくなのでポンコツハムスター野郎である筆者の近況について少しだけ語らせていただこうと思います。

歯医者さんに行ったこと

先日から冷たい飲み物を飲むと奥歯の当たりが染みて痛かったので歯医者さんに行って診てもらってきました。
なんと知覚過敏だそうでこれをなんとかするには歯磨きをするしかない、とのことでした。
正直大好きな牛乳ヤクルト(友達の家に大抵置いてあって行く度に貰っています)、あと水は別に好きでも嫌いでもありませんが飲むときに染みる、というのは非常につらいものがあります。
おかげで口の中の左半分だけを使って飲むことがうまくなってしまいました。

楽しく愉快にストレスなく過ごす生活を愛する自分としては一刻も早く治したいところです。
とりあえず今の所は歯磨きの数を3倍にしています。
とはいえ磨きすぎも良くないと聞きますので優しくこまめに磨いて治していきたいですね。

布団のシーツを変えたこと

始めは小さなほつれだったと思います。
それは筆者の気づかない間に拡大を続けていました。
そしてある日寝返りをうった時のこと…
「ビッ!」
小さな音でしたが日常生活を送る上ではそうそう聞くことのない何かが破れる音だということはすぐに分かりました。
そうして小さなほつれは片手に収まるか収まらないかくらいの裂け目になってしまったのです。

筆者はすぐにだれかに指摘されたわけでもないのに
「シーツが破けたくらいで何をおおげさな…
と勝手に頭の中で繰り返して知らんぷりを決め込むことにしました。

そして現実から目を逸らし続けて1ヵ月と半分ほど経過したころには、A4サイズの紙ほどの範囲に渡るクレーターが広がっていたのです。
自分では何も悪いことをしたつもりはありませんでした。
確かにつま先が引っかかったり手を何となく突っ込んだりはしましたがきっとバタフライエフェクトというやつに決まっています。

ただ流石に勝手に広がった裂け目をこのまま放置しては筆者の安眠に関わります
(シーツが破れるとそこからさらに内側のマットなどがだんだんはみ出てきてきて寝心地がとても悪いのです)
そのためシーツを買いに出かけたのですが、ここから先はただ取り替えただけで何も面白くないと思うのでここで終わりです。

あとがき

いかがでしょうか。
適当に楽しく生きることを追い求める筆者でも困難やストレスに襲われて憂鬱になることがあります。
ただ、最後の一線として絶対にしないぞ、というのはそういったことを理由に人や物に当たらないということですね。

人に甘く!
自分に甘く!
人のせいにせず!
自分のせいにもしない!

これまで生きてきて意外と大事だと思っていることです。
自分に甘いだけでは自分が良ければいい、ということになりますが、全方位に向けて甘くなれば過剰な負担などで自分が苦しむことを避けられますし、優しい人間という印象を持ってもらえるかもしれません。

自分を過剰に責めてもいいことはありませんし、人を責められるほど筆者はパーフェクトな人間では決してありません。

一見なんだこれは(改めて字面だけ見ると自分でもわけが分かりません)というようなことですが、もしかすると意外といい心がけなのかもしれません。
文字にしてみるとさらにそんな気がしてきました。(←これが自分に甘いということです)