読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこグリズリーの料理ブログ

超絶安い!超絶簡単!多分旨い!めんどくさがりな一人暮らしに最適なレシピを紹介

改名ひいては「はらぺこグリズリー」について

番外編:コラム ブログ関連 お知らせ

皆様お元気にお過ごししていますでしょうか。
筆者は先日風邪をひいてしまい朦朧とする意識の中全身の痛みに悩まされていました。
この度、名前を変更させて頂きましたことを遅ればせながら皆様にご報告させて頂きたいと思います。
新しい名前は「はらぺこグリズリー」になります。
旧名「kakashibennett」のことは忘れて下さい…。

では、今回は番外編として「はらぺこグリズリー」誕生の様子をお話させて頂きます。

旧名『kakashibennett』について

当ブログ「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」をいつもご覧いただきまして誠にありがとうございます。みなさまからのコメント、はてなブックマーク、リツイート、お気に入り登録、いいね!などいつもありがたく頂戴しております。

…さて、筆者にはこのブログを開設してからというものずっと気にしてきたことがありました。それは

旧名義「kakashibennett」に誰一人反応してくれねえ…。

ということです。ちなみに筆者はテレビゲームなどのキャラクター名などを決める時3時間以上考えたりすることもザラな性格をしています。その際には当時はまっていたものからヒントを得た名前を付けることが多いですね。さて、ブログ開設当時筆者がはまっていたのはアーノルド・シュワルツェネッガーが出演する映画でした。中でも「コマンドー」を狂ったように見返していたので「コマンドー」から何らかのヒントを得た名前にしてみようと思ったのです。

しかし、毎回意気込んではみるものの、たいてい竜頭蛇尾に終わる(終わらないことも多い)ことが殆どの筆者ですから、いろいろと考えたものの
「もうベネットのセリフでいいだろ…」

f:id:kakashibennett:20150529172559j:plain
↑友人が以前書いてくれたベネット。
と半ば諦めの境地に達してしまい、かくしてベネットという悪役と、作中で彼が発したあまりにも有名なセリフ『ただの案山子ですな』にあやかる形で
「kakashibennett」
という名前になったのです。

スポンサーリンク



旧名の悩み

しかし、kakashibennett という名前は正直自分でもどうだろうか、と最近思い始めました。

「ただのカカシ」が分かる人はいるのか?
「ベネット」を知ってる人はいるのか?
そもそもコマンドーファンは全国にどれだけいるのか?

まあそう多くない数でしょうね…。それに加えて

『kakashibennett』と誰も呼んでくれない…

という事実はじわじわと筆者の心を蝕んでいました。なんだかんだ言ったところで筆者も人間ですから、自分の名前がどこかで挙がれば嬉しいですし、コメントを頂けば喜びます。これほどフルネームで呼んでもらえないということはつまり名前そのものに問題がある、と思ったのです。開設時のコマンドーに対する情熱もけっこう冷めてきたこともあり、これはもう名前を変えよう!となったわけです。

スポンサーリンク



新しい名前について

さて、新しい名前なのですが、はじめ『kakashibennett』と付けた時以上に悩みました。ある程度このブログの方向性も決まってきていたからです。

・更新は1日1回、夕方から夜にかけて。
・料理の写真、レシピ、まえがきとあとがきで1つの記事は基本的に構成される。
・あとがきはほぼ料理とは関係ない話。

加えてあとがきでいろいろと筆者の趣味やら失敗談を書いてきたのである程度キャラクターが出てきたのではないかと思います。

それら全てを内包した上で「まあ、これならまあ、」という名前を付けなくてはいけないわけです。
いや別に誰かに強制されたわけではないですが…

ともかく名前から伝わるイメージでなくてはならないのは3つ!

①このブログ"らしさ"
②筆者のキャラクター
③覚えやすくて分かりやすいシンプルさ

まずはこの3つを達成する必要性がありました。

言うまでもなく、このブログは様々な料理のレシピや食べ物にまつわる出来事などを扱っています。そうすると当然いわゆる「食いしん坊」的なキャラクターもある程度定着していると推理しました。分かりやすさという意味では「食べること」「食べ物」にまつわる言葉が入っていたほうがいいなあ、という発想ですね。ここで
「ハングリー」「空腹」「ビーフシチュー」
「シェフ」「フライパン」「カボチャ」

などが候補のフレーズとして浮かんできました。

とはいえそれだけでは単なる単語になってしまい、ブログの中の人というイメージと結びつかない恐れもまたありました。

そうなると今度は↑のフレーズを取り込んだ名詞にすれば「名前」として成り立つのではないかと思いました。候補としていろいろ出てきました。

「ミスターガスコンロ」「ビーフシチュー係長」
「カボチャ男」「シェフなめたけ」

などです。どう考えても怪人にしか聞こえないような胡散臭い名前しか出てきません。

そこで少しくらいマイルドで可愛らしい要素があってもいいだろ、と考え方を変えることにして好きな動物を思い浮かべてみると、なるほどクマが出てきたのです。

思えば小さいころからクマのプーさんが好きで夜はぬいぐるみと一緒に寝ていましたし、筆者が小さいころ暇を持て余して家の中をウロウロしていると
「動物園のクマみたいだよ」
と言われたこともありました。それにクマはなんだか人間味があって個人的に好きな動物です。2本足で何かをしている様子がよく知られているからでしょうか。

ともあれ名詞の部分は「クマ」と決定したわけです。そうなると「〇〇クマ」「××なクマ」になるわけで、国語辞典を久しぶりに開いてあらゆる形容詞を試してみたのでがどうもしっくりきません…。いろいろと試してみるもののうまくいかず気分転換にクマ動画を探して見ていました。

ヒントはそこにありました。

スポンサーリンク



「はらぺこグリズリー」決定

さて、筆者がジェットパックと同じくらい好きなもの、それはパワードスーツです。古くは「エイリアン」に出てきてリプリーが使用した作業用の「パワーローダー」。「仮面ライダーアギト」で活躍した第3世代型強化外骨格および強化外筋システム「仮面ライダーG3」。最近では「アイアンマン」もそうですし、個人的な感想としては「パシフィック・リム」の「イェーガー」は搭乗するロボットというよりも装着する巨大アーマー、というイメージでこれもドストライクでした。

話が逸れましたね。ともあれ名前を付ける作業に疲れ果てた筆者が観たのは「パワードスーツ」の動画でした。しかし、それはヒーローの強化スーツでも作業用スーツでもない、通称「グリズリー・スーツ」と呼ばれる特殊なスーツです。海外の人が凶暴なグリズリーの攻撃を物ともしない防御力でグリズリーの生態に迫ろうと開発したスーツだったと記憶しています。強度テストの動画を見ていてぼんやり思いました…

「グリズリースーツかっこえーなー…!欲しいなあー!…ん?グリズリー…?グリズリー!!これだ!!!」

そう、「クマ」という2文字に縛られ、クマの細かい種類の名前にまで発想が及ばなかったのです。考えてみればクマにもいろいろいます。マレーグマ白熊ヒグマツキノワグマ、そしてグリズリー…。

グリズリーというフレーズを見た時ピンときました。
「これしかない」

かくして「はらぺこグリズリー」という名前が完成したのです。

というわけで「kakashibennett(カカシベネット)」改め
「はらぺこグリズリー」という名前でブログを続けていくつもりです。

改めましてどうぞよろしくお願いします!!



グリズリーの絵を募集します

「はらぺこグリズリー」という名前が決まったものの、筆者は絵が下手でアイコンがなく困っています…。

そこで「グリズリーの絵描くから使っていいよ!」という方がおられましたら、下記メールアドレスにグリズリーの絵を送って頂ければと思います。

cospasaikyouあっとgmail.com
(「あっと」の部分を@に変えてください)

筆者のイメージとドンピシャのグリズリーの場合おそらくアイコンとして使わせて頂くことになります。

お知らせ

書籍化が頓挫しました!!

先日めざましテレビで当ブログのレシピが紹介されました!!

↓ツイッターでは新しい記事のお知らせ・過去の料理の紹介を画像つきでつぶやいております。

スポンサーリンク